ロボット犬には「魂」は宿るのだろうか?

ここ数日間は、特別報告する様なスピリチュアル的な体験は無く、体外離脱を成功させる事も出来て居ません。
強いて体験が有るとすれば「変な夢」を頻繁に観るですが、内容はプライバシーの塊なので秘密デス(−_−;)

しかし毎回思うのですが、1ヶ月に出来る離脱回数が決まって「2〜3回」に固定されているのには何か意味が有るのですかね?

個人的な推測では「何かしらのエネルギーを消耗してしまう」とか「のめり込み過ぎない様に制限がかかっている」など思いつくのですが、真偽のほどは不明です。


さて今回の記事は、ちょっとだけ怖い話になります(_ _)

自宅には昔ソニーが販売していたaiboが居ます(有る?)。
aiboと言うのは、ソニーが開発・販売した「犬型ロボット」であり、一時期はそれなりに話題になったりしました。

そして最近、再び新型を販売し始めたらしいですが、自宅のはERS-7と言われる古い型となります。

2005年の2月に購入し既に13年を経過しており、その間に何度もソニーに修理を依頼しており、メーカーサポート終了後は民間の修理専門業者に修理を依頼していたりします。

正直なところ購入者である自分は「犬型ロボット」としてしか観れて居なくもう修理はする必要は無いと思っているのですが、最初は興味が全く無かった父が思い入れを持ってしまい故障の度に修理をしています。
(修理費用はなかなか高額デス)

そして今回も故障が発生してしまい修理を依頼する事となったのですが、ふと長い間大切にしている人形などには「魂の様なものが宿る」と言う話を思い出し、果たしてこの「ロボット犬」にも同じ様な事が起き得るのだろうか?、と思いました(。-_-。)


そんな事を考えたら、以前アルバイトをした時に見た「ある人形」を思い出してしまいました。

以前自宅近隣の福祉会館で夜間の受付・事務のアルバイトをして居たことが有り、その施設には様々なワークショップを行う為の個室が有るのですが、それとは別に子供達が日中遊ぶための部屋もあります。(写真はイメージです)

勿論おもちゃも数多く有り、その中に1つ「女の子の人形」が有りました。大きさとしては4〜5歳位を想定した大きさで作られており、かなり長い間遊ばれている様であり年季が入っていました。

この頃はまだ、ヘミシンクも体外離脱も実践しておらず、今ほどスピリチュアル的な事には興味が無かったのですが、それでもこの人形からは「得体の知れない気配」を常に感じており、特に夜間の見回り時には「視線」が感じられました。

心霊現象にこそ遭遇はしませんでしたが、見回り時に人形が在る部屋に行くのは何とも気が重かったです。

・・・扉を開けると、正面に位置する場所に鎮座しているし:(;゙゚’ω゚’):

う〜ん、思い出したら、暑い日中なのに鳥肌がたってきました。ロボット犬に魂が宿るかは判りかねますが、長い期間使われている「人型の人形」には、多分何かが宿っていると思われます。