「Brain Sound Quest 体外離脱への挑戦」を聴いて

[注意]
 Brain Sound Questもヘミシンク同様に、安全性を謳ってはいますが、実感としてヘミシンクよりも刺激が強いと感じられました。
 「ヘミシンクの7倍の効果」が有るかは自分には判断出来ませんが、もし試すのでしたら、自己責任でお願いします。
 特に下記のタイトルは、試作品と公式ページでも明言されていますので、ご注意下さい。
bsq_obe300
(上記のジャケットは、公式ページに有る、イメージになります)

 さて今回の記事は、4月14日(金)の夜から、「Brain Sound Quest 体外離脱への挑戦」を毎晩聴いたので、経過を報告したいと思います。

 まず他のシリーズは聴いた事がまだ無いので判りませんが、このタイトルは聴いてみると、かなり癖が強く、そしてかなり強力に「変性意識状態」に持って行かれます。

 ただしこのタイトルで体感が出来る「変性意識状態」ですが、ヘミシンクで言う「F10〜F27」のどれにも当てはまらない感覚だと、自分は感じました。

 まぁ、ヘミシンクで体験出来る以外の「変性意識」が有るのは、全く不思議でも何でもないと思いますが(´・ω・`)

 そして聴こえる音ですが、アップダウンこそ激しいですが、基本同じ音が繰り返しているだけですので、寝落ちしないで最後まで聞くのは、中々難しいと思います。

 そして肝心の「体外離脱は出来たか?」ですが、購入して4日目の深夜に「1晩で、3回の体外離脱」を体験しました。
但しヘミシンクと同様に、聴いている最中の離脱では無く、真夜中に目が覚めた時にです。

 今回の体外離脱までの流れと体験は、下記の様なものでした

  1. 夜中3時ごろに目が覚め、直感的に離脱が出来ると感じた
  2. 暫く横になっていたら、離脱前兆現象の「耳鳴り」が発生
  3. 「耳鳴り」が轟音に変化したと思ったら、寝返りを打つ様にして離脱
  4. しかし触覚こそあるが、視覚は全く機能せず暗闇のまま
  5. 約数秒間で、肉体に戻される

 上記の様な離脱を、立て続けに3回も繰り返してしまいました。
普段ならば離脱をして暫く経過すれば、視野がクリアになってきて、普通に機能する様になるのですが、今回は始終暗闇のままでした。

 ただ不思議な事に、見えないのに「そこに何が有るかは判る」と言う、実生活では感じられない妙な感覚が有りました。

 そして離脱中なら、普段は当たり前に出来る「壁抜け」が、いくら試しても抵抗を感じて結局出来ませんでした。

 今回の離脱が、「Brain Sound Quest」を聴いた事により、引き起されたと断定するのはまだ早いと思いますが、あまりにタイミングが良いので、その可能性は高いと思います。

 ・・・そしてここからが重要なのですが、以下の様な軽い副作用と、変な体験をしました

  1. 軽い頭痛が常に発生している
  2. iPhoneのスピーカーで聴いていたら、どこからか「呻き声」の様なものが聞こえた
  3. ヘミシンクの、各フォーカスLvに移行しづらい

 特に、何時もなら、ヘミシンクを聴いたらすんなりと移行が出来る、F10〜F12に上手く移行出来ない、若しくは出来てもかなり浅い状態なのには、驚き焦りました(; ̄Д ̄)

 それとイヤホン無しでも効果が有ると記載されていたので、iPhoneのスピーカーで流して聴いてみたのですが、途中で女性の呻き声の様な物が聞こえた時は、久々に全身に鳥肌が立ってしまいました。

 まぁ、脳が作り出した幻聴だとは思いますが。。。

[まとめ]
 あくまで推測ですが、ヘミシンクは比較的安全な体験に的を絞っていて、Brain Sound Questは、とにかく体験をさせる事に重点を置いて、作成されている気がします。

 体外離脱への効果は、ヘミシンクよりも感じやすいかもしれませんが、初心者に気軽にお勧め出来るタイトルでは無いと思います(´・ω・`)

 ・・・・と言うか、これが原因で、ヘミシンクの各フォーカスレベルを、体験出来なくなったりしなければ良いけど(汗)