「認知症」についての疑問

ヘミシンク

005172

 昨日の朝のNHKのニュースで、最近はペットも「認知症」になり、異常行動や夜中に遠吠えばかりしてしまい、「老人ホーム」ならぬ、「老犬ホーム」に入る事が有るらしいです。

 夜中に、どうしても異常行動を起こしてしまい、近所迷惑になってしまうので、「睡眠薬」を処方されているペットもおり、なんか可哀想だなぁと思いました。

 ところで自分はまだ「フォーカス12」までしか体験した事はありませんが、それでも取り敢えずは、「肉体の死後も意識が続く」事は、幾つかの書籍も読んで理解しました。

008467

 ただ、前々からの疑問でしたが、「認知症」になった方が亡くなったら、その意識は、生前のもっとも健康体だった頃の状態まで戻るのか?、それとも向こうでも「認知症」のままなのかが、どうしても解らない状態です。

 自分なりにネットで調べたところ、生前の病気は持ち越さない、と言う意見が多くありました。

IMG_20160324_193334
 現在読んでいる「死後体験1」で、モーエンさんが「過去生のレトリーバル」で、ジョシュアという方を助け出しましたが、この方は自分が受けた傷で、長い時間囚われていたそうです。

 この方は、外的要因により傷を負ったので、その影響で心が囚われていたのは理解出来ます。 

IMG_20160324_193308
 後、モンロー氏のエピソードで、「究極の旅」P141に、過去に病院のベットで病気で亡くなったのに、延々と苦しみ続けている女性を「レトリーバル」した話も思い出しましたが、この方は病気で苦しんでいましたが、「認知症」では無いので、自我は正常で、死後も病気の苦しみが続いていると思っていて、囚われていたのも理解出来ます。

 ただ、「認知症」も病気に違いは無いと思いますので、「認知症」と言う病気で、例えば施設や病院に、縛られ続けることは無いのだろうか?と思いました。

 もし縛られているとしたら、その本人は「認知症」の状態なのか?、意識が正常な状態で無いとしたら、どの様にして「レトリーバル」を行うのかと、次々と疑問が湧きました。

IMG_20160324_185606
 それと最近読んだ、桜井識子さんの「ひっそりとスピリチュアルしています」では、病気の人も居るけど、中には霊的な現象で「認知症」になってしまっている人たちも多くいるそうです。
 例の一つで、部屋に飾っていた外国製の絵が、原因しているのがありました。
003960
 もし悪霊の様なものが、原因しているとしたら、「レトリーバル」はかなり困難なのでは無いのでしょうか?

 まるの日圭さんの、ブログに送られた質問の中に、「認知症」についての質問がありました。

 そこには、様々な要因が有るらしく、一概にこれだと断定は出来ないそうですが、本人が望んでなっている事もある、と記載されていました。

 ただ過去に一度だけ、「老人ホーム」を見学する機会があったのですが、その時見学した、施設内の事を思い起こしても、本当にそんな状態に自分から望んで成りたいものなのかなぁ?と、思ってしまいました。

 確かに自分は、その人本人では無いので、その方の本当の願いは勿論解りませんから、結局は自分の憶測になってしまいますが。

 それにもしかして、その患者さんのなかにも、霊的な影響で「認知症」を発生している方もいたかもしれません。

 もう少し調べてみて、どうしても解らない様だったら、「まるの日圭さんのブログ」の質問コーナーで、質問してみようかなぁ、とも考えています。 

 因みに自分の祖父は、99歳で亡くなりましたが、90過ぎ位から「認知症」になり、家族が誰なのかも解らない状態でした。

 もし仮に自分が、祖父を「レトリーバル」すれば、少なくとも、自分が納得できる答えが、得られるかもしれないとも思いますが、その様な高等なテクニックが出来る様になるには、当分先のことだと思いますし(´・ω・`) 

 さてと、これから整骨院の帰りに、夕食の食材を買ってこようと。
 今夜は、イタリア料理にチャレンジだぁ〜(●´ω`●)

[昨日のヘミシンク]

 Metamusic コスミック・トラベラーを、イヤホンで、「死後探索1」を読みながら、聴いてみました。

 前回、集中して聴いた時はとても疲れたので、読書に集中して聴けば大丈夫かと思い、試してみました。

 途中でどうしても眠くなってきたので、読書を中断して、暫く目を瞑ったまま座っていたら、突然と知らない女性の名前が、思い浮かびました。

 日本人女性の、名前なのは間違いないのですが、すぐにメモを取らなかったので忘れてしまいました。
 覚えておけると思ったのですが、やはり重要そうな事は、すぐにメモを取らないとダメですね。

 他のエクササイズでは、特に報告するような、体験はありませんでした。
  


にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ

にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ

Posted by zero1113