「ヘミシンク探求大全」と「ヘミシンク完全ガイドブック」

IMG_20160408_075643
 一通り、「ヘミシンク探求大全」に目を通したので、感想を書きたいと思います。

 「ヘミシンク探求大全」「ヘミシンク完全ガイドブック」共に、ヘミシンクを独学で行うための教科書の様な物ですが、内容にはかなり違いがありました。

 「ヘミシンク探求大全」ではゲートウェイのエクササイズの解説だけでは無く、この書籍が発刊された当時までの、「メタミュージックタイトルの簡単な説明」、「シングルシーリーズ」、そしてF27まで体験出来る、「ゴーイング・ホーム」のエクササイズの説明もありました。

 メタミュージック各タイトルの、効果一覧表もあり、大変役に立ちます

 「体外離脱」に焦点を置いた、エクササイズ法も記載されており、自分には大変有難かったです。

 ただこの書籍では、筆者独自のトレーニング法「リユニオン・トレーニング法」が採用されており、このトレーニング法は、ゲートウェイのタイトルを順番に聞くのでは無く、まずは各フォーカスLvを体験する所から始まるので、ゲートウェイ wave I〜VIまで、最初から全て揃えている事が前提になっています。
 自分の様に、各巻ごとに購入していると、この書籍でのトレーニング方は、途中までしか行えません。

 それに対して、「ヘミシンク完全ガイドブック」は、通常通りに、順々にエクササイズを行うので、最初からゲートウェイを、全て揃えておく必要がありません。

 ただ、「メタミュージック」や他の「シングルタイトル」についての説明はあまり無く、ちょっと体験談が多い気がしました。

 自分はまだ現時点では、ゲートウェイ wave Vまでしか所持してませんので、「ヘミシンク探求大全」の「リユニオン・トレーニング法」は実施出来ませんので、その効果は分かりません。

 自分の感想としては、「ヘミシンク探求大全」は、読み物としても楽しめる書籍で、「ヘミシンク完全ガイドブック」はあくまでも、ゲートウェイに特化した教科書として感じました。

 両方ともお勧め出来ますが、なぜか「ヘミシンク探求大全」は再販されていない様なので、古本でしか手に入れられない状態です(´・ω・`)

[昨日のヘミシンク]

 体外への旅 状態Dを聴いたときに、「呼んだ〜?」と、右耳から、若い女性の声が聞こえました。

 ゲートウェイ wave V「ミッション15、想像と具現化」を聴いたときに、子供の顔が観えました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ