「ガイドさん」では不便なので・・・

「・・・したふり」のテクニックを使用して、ガイドとの会話をしたふりをして練習するにしても、やはり名前があったほうが良いと思いました。

まるの日圭さんの、「ガイド拝見」で頂いたメッセージには、服装的にはモンゴルとかその辺りだそうです。

命名するにしても、モンゴル系の名前を付けるのが良いかと思い、調べてみたら、なんだか凄い名前が、いくつか見つかりました。

わざと悪い名前をつけて、「悪魔」が寄らない様にするために、この様な名前を命名する事があるそうです。

ネルグイ (名なし)
フンビシ (人じゃ無い)
バースト (くそまみれ)

・・・・・Σ(=゚ω゚=;)
過去にフィリピン北部に在る、「リンガエン」と言う村に行きましたが、そこでご馳走された料理「バロット」に次ぐインパクトでした。

因みに「バロット」とは、アヒルの有精卵を茹でたものです。

いやまぁ、、向こうではそれが文化であり、風習の1つなのだから問題では無いでしょうけど、ガイドに、この名前はつけたく無いなぁ。。。

なんだかんだで、「サランチムグ」と言う名がしっくりと来たので、この名前に決めました。
因みに意味は「月飾り」だそうです。

まぁ、いつか普通に交信が出来る様になって、違う名前だと言われたら変えますがφ(.. ) 

なんだか、海外旅行に行きたくなってきました。
次は、微笑みの国と言われる「ブータン」に行こうと思っていますが、「モンゴル」も行きたい気が。
IMG_20160425_075721_edit
500円貯金箱、早くたまらないかなぁ〜(*´∇`*) 

[昨日のヘミシンク]

オープニング・ザ・ハートのDisc1を聴いていたら、エクササイズ中に聴こえていた「耳鳴り」が、突然違う感じの「耳鳴り」に変化して驚いてしまい、中途半端にしかリラックスが出来ませんでした。

後、冷たい風を久しぶりに感じました。

体外への旅 状態Cを聴きましたが、振動が発生する一歩手前位までの状態には行けましたが、やはりこれ以上の状態には移行出来ませんでした。