異質な体験報告(2022-9-6)

スピリチュアル

昨日(9月6日)は、整形外科に行くため、急遽休みを頂きました。理由は、深夜に体の痛みを感じ目を覚ましたのですが、寝違えたのか首と右肩が大変痛く、ベッドから起きるのにも一苦労であり、動く度に悶絶する程痛かったです。

明確な根拠こそありませんが、今年は厄年のためか、あまり良い事がないと感じてます。

さてその日は、動くのもままならず、自宅で療養していたのですが、午後は処方された薬・漢方薬のお陰で、かなり痛みが和らぎ、ボンヤリと磨りガラスの窓から入る日差しを見ていたら、下記の不可思議な感覚と言うか体験をしました。

  • この世は全て完璧に問題なくできてる
  • 見える日差しが物凄く綺麗で、感謝と美しいと言う感情が湧き起こった
  • 目を閉じて心臓に意識をする瞑想をしたらブワッとして、赤と紫の模様が交互にみえた
  • 手を見つめると緑色のモヤモヤが手の周辺に見えた

上記の体験をしていた時は、其れ等の意味が理屈抜きで理解できていましたが、今はよく判りません。一時的に変性意識になり別次元的な意識状態になったのか、瞑想とかで陥る「魔境」を垣間見ただけかもしれません。

ただ仮に、高次元的な思考を体験していたとしたら、一般的な思考と比較すると余りに異質的なものであり、受け入れるのは至難だと感じられます。

Posted by zero1113