「逆向き瞑想」を実施してみて

スピリチュアル

あまりの寒波でロシアでは、なんと野良猫が凍りついてしまっていたりするそうです。
こちら関東地方でも昨日は雪は降りましたが、大して積もる事も無く、ましてや野良猫が冷凍される程の気温低下は無く、一安心?でした。

さて連休の本日ですが、秋葉原の魔術堂にまた行きました。理由は書籍「神秘的カバラ」が置いて有ったら購入しようと思った為です。
Amazonで購入するのも良いのですが、出来れば実店舗で購入するのが個人的には好きです。
しかし到着したところ、日曜日はなんと定休日でした(・_・;
仕方が無いので秋葉原をブラつきましたが、ヨドバシカメラ内に在る書店以外は特に興味を惹かれる場所も無く、ヘミシンクを1枚購入して帰宅しました。

なお購入したタイトルは「アインシュタインの夢」と言うメタミュージックです。


「逆向き瞑想」を実施してみて

Twitterでも呟きましたが、書籍「魔法修行」に記述されている行法、「逆向き瞑想」と呼ばれる瞑想を少々実践しました。

この聞き慣れない瞑想法ですが、手順としては就寝前に1日の出来事を遡る形で、細部に至るまで思い出す行法です。

一般的な瞑想法が「無心」に成るのに対して、この瞑想法は脳をフルに活用する為か、かなり疲れるのと同時に、イメージ力・記憶力を要求されます。

この行法の目的は、「イメージ力の強化」、「過去-現在-未来という時間継起に従って考える知性の通常的習慣を変える」と言う目的が在るとの事です。

そして実際にこの瞑想を実施したところ、因果関係はハッキリしませんが、今週は思い出したくも無い「前職の記憶」ばかりが頭によぎりました_:(´ཀ`):
寧ろ「呪われた記憶」に近いものと自分は感じており、極力想い出したくも無い記憶であります。

瞑想で記憶を遡り過ぎてしまったのかもしれませんが、この「逆向き瞑想」は自分に不向きなのかもしれません。

強いてこの現象の意味をスピリチュアル的に考えるとしたら「過去の囚われを外す」とかなんでしょうが、個人的にはあまり「囚われ」と言う単語を多用したく無いのが本音であったりします。

 

さて明日もお休みなので、今夜は「アストラル投射」の技法で体外離脱に臨もうと思います(。-∀-)

Posted by zero1113