長い樹木(不思議体験報告)

スピリチュアル

緊急事態宣言が正式に発令されたので、休みの本日はいつも以上に掃除に力を入れたり、PC周りの模様替えを行ったりと、殆ど巣篭もりしてました。ついでに午前中に、備蓄が少なくなってきたマスクの予備として、布マスクも作ろうと思ったのですが、材料が不足していたので断念しました💧(材料が売っているお店が入っているららぽーとも臨時休館です)

さて今回の記事ですが、今朝方よく判らない不思議体験をしましたので報告します。


長い樹木(不思議体験報告)

日時:2020年4月8日 AM:7:00

休みなので目を覚ましてから、少しだけ体外離脱を試みてみる。用いた手順は、いつも通りの角度法。体外離脱の前兆現象で有る振動は一切発生しなかったが、ぼんやりと目を閉じた暗闇の中に「途方も無く長い樹木」が見え始める。

太さはそれ程なく、成人男性2人で囲える程。唯々長く、木の先は全く見えない。体外離脱をしている訳でも無いのに、何故か手触りを感じる事ができ、見えている映像が木伝いに徐々に上昇していく。

時折途中で上昇が止まり、「此処は人間の云々」など何処からか、何者からのよく判らない説明が入る。その後更に上昇を続け、「この木はまだまだ続くよ」と言われ映像が途切れる。


体験の感想

体外離脱ほどの鮮明さはありませんでしたが、樹木の手触りを感じたのは驚きました。この体験が脳が産み出した幻覚の類か、はたまたスピリチュアル的な物かは判断出来ません。もし後者で有るのなら、何故、不思議存在は「抽象的な言い回しが好きなのだろう?」と毎度の事ながら思います🤔

Posted by zero1113