最初の体外離脱(4コマ漫画 第1話)

4コマ漫画(ノンフィクション), 体外離脱

先日職場の方に、ヘミシンクをお貸ししたとお伝えしましたが、聴くと血圧が上昇するそうです。
下がるのならば理解出来るのですが、「何故血圧が上昇するのだろう?」と不可思議に思いました🤔

さて今回の記事では、過去の体験を4コマ漫画でお伝えします。作成してくださった方は、ブログのヘッダーイラストなどを今迄作成してくださっている、イラストレーターの「まぁぺさん」です。

なお実体験を4コマ漫画にしたものですので、一般の4コマ漫画と違い起承転結の流れでは有りません。では第1話は「最初の体外離脱」です。


最初の体外離脱(第1話)

監修:zero
作画:まぁぺ様

※ノンフィクションです

補足として

過去記事内で少し記載した事が有りますが、これが初めての体外離脱体験でした。背中に何かが当たったと思ったらそれは天井で、真下には寝ている自分が居ました。夢とは思えない程鮮明に寝ている自分が見え、大変驚いたと記憶してます。無論「偶発的に発生」した体験です。

この頃は現在とは違う仕事に就いており、所謂ブラック企業でした。毎日かなりストレスを溜め込んでおり、そのストレスが引き金となったのかもしれません。

なお今回の4コマ漫画作成にあたり、過去の体験記録を読み直しているのですが、「記録」と「現在の記憶」と比べると、幾つかの相違が見つかっています。この事から、いかに人の記憶と言うものは当てにならないと感じされられ、記録するのは大切だと思いました。

さて次回「第2話」は、6月中旬頃を予定しています。内容は2回目の体外離脱体験を予定しており、この体験は意図的に成功した話となります。

Posted by zero1113