心霊体験?

スピリチュアル

今日は特に予定していたわけでは無かったのですが、浅草に行き「浅草神社」でお参りをしました。
なお浅草に着いて気が付いたのですが、先日手に入れた「御朱印帳」を忘れてきてしまい、御朱印を押す事が出来ませんでした😢

そして帰り道に、と在る物が目に留まり購入しました。余程マニアでも無いと、恐らく知らない物だと思いますが、所謂「密教法具」と呼ばれる物です。

名称は「独鈷杵(とっこしょ)」、店員曰くチベットからの輸入品との事ですが、真偽は不明です。

なお使用方法は、どうやら「秘儀」とされているらしく、ネットでいくら調べても、具体的にどのように使用するのかは不明でした。

ただ恐らく、「呼吸法」辺りがこの法具を使用する鍵なのでは?と推測してます。まぁ自分は仏教徒では有りませんので、どのみち使用不可と思われますが、何か体験出来たら報告したいと思います。
さて今回の記事ですが、先日7月16日(木)に心霊現象らしい体験をしたので、その報告をします。


心霊体験?

日時:2020年7月16日(木) AM3:00時頃

明け方近くに、唐突に目が覚めた。

目は覚めたものの体外離脱を実践する気も起きず、暫く目を開けたまま横になっていた。

唐突に右耳から「女性の声」が聞こえ始めた。

脳内で再生する女性の声とは違い、普通に肉声そのままであり、なんと「氏名」から始まり、その他詳細な自己紹介までしてきた。

目は開けているので無論室内は見渡せるが、特に異質な物は確認出来ず、声のみが聞こえる状態であった。

この現象が唯の「幻聴」か「心霊現象」かは判断付かなかったが、そのままその声を聞き続けていたら眠りに落ち、そして異様な夢を視た。

手前は明るく、奥に向かうほど暗くなる町のような場所におり、夢と自覚する事が出来た。
その町には住民と思われる多数の男女がおり、比率的には子供の数が多く視られた。

ふと先ほどの「声の主」の深層心理的な世界なのかもしれない?と考えながら、暗くなっている奥の方に向かったところ、道の脇に「冷蔵庫」が有った。


今回の体験は何だったのか?

声が聞こえた事に関しては、希に発生する現象なので特に恐怖感は無く、興味深く観察出来ました。
自分では思いつかない会話内容であり、例え幻聴で有ったとしても面白い現象だと思いました。

なお夢に出た「冷蔵庫」の中身は確認しましたが、気持ちが良い物では無いので、記述はしません。

この体験後に気が付いたのですが、7月16日は「新暦7月盆」だった様です。通りすがりの「何者」かが偶然寄って来たのかも?🤔

Posted by zero1113