鎮魂法(幽体離脱の技法)について

この記事は約3分で読めます。

今回の記事ではX(旧Twitter)でも先日述べた通り「鎮魂法」と呼ばれる、幽体離脱の技法について紹介したいと思います。なお自分はこの技法を実践した事はありません。理由は後述する、技法に必須の「鎮魂の石」が見つけられないためです。

それゆえ、効果のほどについては保証し兼ねますのでご了承ください。

鎮魂法の発祥元

鎮魂法とは幽体離脱によって、非物質世界を訪問する技術として、明治時代の神道家である「本田親徳」が神界(恐らくは非物質世界)に旅行し、神から授けられたと呼ばれる技法です。真偽のほどは不明ですが「神」から授けられた技法であるが故、最初から真摯な心構えで実践しないと、十分な結果は得られないとの事です。

なお「本田親徳」についての細かい経歴は判明していない様ですが、Wikipediaでは神道霊学中興の祖で有るらしく、古代に存在した帰神の復元を図った人物との事です。

事前準備「鎮魂の石」を見つける

鎮魂法を行うにあたり、自分に合う「鎮魂石(別名:鎮魂玉)」を見つける必要があります。具体的には、下記1〜3の条件を満たし、手に入れた後は4〜5の手順を踏む必要があります。

  1. 正円形もしくはそれに近い形状
  2. 重く硬いもので、年代物の活きた石
  3. 自分の直感にあった石を選ぶ
  4. 石が手に入ったら水で綺麗に洗う
  5. 塩で浄化した後、再び水で洗い錦の袋に入れて大切に保存

そして注意事項として「鎮魂石」はむやみに人に見せてはいけないと述べられています。

実戦への心構え

鎮魂法を行うにあたり、下記の心構えが必要だと述べられています。

  1. 清潔な身なりで行う事
  2. 静かな場所で行う事
  3. 一切の妄想を排除する事
  4. 感覚、意識や想念も無くす事
  5. 自分の魂が神々の元に至ることを黙念する事

3〜4に関しては、完璧に行う必要があると言うよりは、その様に心掛ける事と述べられています。

鎮魂法の手順

「鎮魂の石」を用意、準備ができたら下記の手順で鎮魂法に取り掛かります。

  1. 鎮魂の石を小机などの上に安置
  2. 鎮魂の石の前に座る(正座が推奨されている)
  3. 胸の前で手印を組む
  4. 身体の力は抜き目を軽く閉じる
  5. 一心に念を込め、自身の魂が鎮魂の石に集中する事を念じる
  6. 一回に20分間ほど行う
  7. 習熟すると魂を肉体から離脱させる事ができる

3番の「手印」の組み方は、先ず「中指・薬指・小指」を手の甲で組み合わせます。「中指・薬指・小指」は、左手が下であり、右手が上の位置となります。「人差し指」は伸ばし指先を合わせ、「親指」は左の親指で右の親指の爪を軽く抑えます。

1日の回数制限はなく、何度行っても問題はないとの事であり、訓練を重ねていくうちに、魂が活性化し始めます。訓練の成果を確認するには「鎮魂の石」の重量計測が推奨されており、計測のたびに重量が変化する事で確認できるそうです。

習熟が進むと、一般的に超能力と呼ばれる能力も開発される様で有り「蝋燭の炎の大きさを自由に動かす」「離れた木の枝を揺らす」「家鳴振動を発生させる」等の事例が述べられています。